4ミニ大好きマガジン「モトモト」…たま~に熱帯魚

モンキー、カブ、ダックス/シャリー、グロムなどなど、4ミニカスタム専門誌【モトモト】の公式ブログ。最新のカスタムネタや新商品、撮影会・レースなどのイベント情報を随時アップします。編集部で飼っている熱帯魚情報もありますよ

GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4

見た目・性能比較から超最新のカスタムまで
NEW
 GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻


発売から約3 年が経過したタイミングで、モデルチェンジを果たしたHONDAGROMと、斬新なスタイリングで誕生したKAWASAKI Z125 PROの2台のNEW モデル。今回はノーマルの徹底比較に加え、人気パーツメーカーが製作した渾身のデモ車を一挙掲載! じっくりとご覧ください!

PHOTO:INOUE HIROMU、
NANDY KOSUGE(Office NANDY)、
WAKABAYASHI KOJI
TEXT:MOTO MOTO

ライバルとも言えるこの2台のどこがどう違うのか、各部を並べて細かいところまで徹底的に比較! 購入を検討している人はもちろん、全ての4ミニユーザーさんにぜひご一読いただきたい

KAWASAKI Z125 PRO        HONDA GROM


シート
GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4









GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4
KAWASAKI Z125 PRO
細身のシートだが座り心地は良好。角が落とされているため、足つき性の向上にも一役買っている。シート裏には車載工具が用意されているが、小物を入れるスペースはほぼない


GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4
HONDA GROM
旧型から形状を一新。それにより前ほどはお尻が痛くならない。燃料ポンプ、バンク角センサーなどの位置を見なおしたことで、以前はなかった小物入れが確保されている


ステップ
GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4







GROMのステップにはラバーが付いており、単気筒ならではの振動を吸収してくれる。Zにはゴムが付いていないものの、バンクセンサーが用意されスポーティさが演出される



似ているようで 実は違う!!

車体全体はもちろん、細かく比較してみると、細部に大きく差があらわれた。GROMはというと、広めの座面、驚きの高燃費、シート下の小物入れなど、日常的に乗ることに特化した機能を多くを持っており、生活に密着した性能を持っているように思える。片やZはメーターのシフトインジケーターやリアショックの調整機構、ステップのバンクセンサーを備えていることを考えると、スポーティな方向に味付けされたマシンなのではないだろうか。車体のサイズやパワーなどはほぼ同じだだとしても、マシンの方向性、メーカーの意図が各部の作り込みからうかがい知ることができる結果となった。

2台をガチンコ
   インプレッション!


KAWASAKI Z125 PRO     
GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4

〈編集長〉山ノ井
当初はヒラヒラ感が気に
なりましたが乗り込んで
いくと、GROMよりもミ
ニバイクらしい印象。低
中速域ではキビキビして
くれるが、高速域では
GROMが上と感じました

〈編集〉河又
低回転域でのマシンを押
し出す力が強く感じ、街中
でどうしても多くなるスト
ップ&ゴーも苦じゃないは
ず。ただ高回転域ではそ
のパワー感が感じられず、
伸びは今ひとつでした

HONDA GROM

GROM&Z125PRO カスタム 虎の巻4

〈編集長〉山ノ井
GROMというかホンダ車
特有の乗り味、扱いやす
さに変わりは感じません
でしたが、無駄に体のデ
カい自分には新型のシー
ト形状が窮屈に…。シー
トはフラットが良かった

〈編集〉河又
エンジンの特性は前のモ
デルと変わっていないの
で、相変わらず上まで元
気に回るな、という印象。
スピードの伸び方もスムー
ズで、ストレスを感じるよ
うなことはないですね



2台の新モデルをフルカスタム へつづく・・・


同じカテゴリー(特選! 過去記事アーカイブ)の記事

 
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

企業情報

会社名

造形社

住所

〒164-0011
東京都中野区中央5丁目2−2

TEL

03-3380-1061

URL

http://www.zokeisha.co.jp/motomoto/


ログインカテゴリ一覧